お役立ちブログ

ランディングページ制作の料金相場は?コスパの高い制作会社の選び方

実は、私は会社員時代にLP制作を外注しようとしたことがあります。それは新しいプラットフォーム事業の登録会社を増やすためにLPを使おうと思った時でした。

ところが気になった会社数社から見積もりを頂くと28万円~40万円と意外に高額で、中にはスマホ対応や必要情報を載せようとするとさらに高額になっていくとの案内もありました。

既に経営安定している企業であれば、問題にならない価格かもしれません。しかし、当時の私は個人事業主。出せる予算も多くはないので制作依頼をすることができませんでした。

この記事は「予算内でコスパの高いLPを作りたい」と思っている方のために書きます。記事を読み終える頃にはきっと「失敗しないLP制作をする方法」を理解されていることでしょう。

価格で変わるLP制作の目的

この世の中、商品の品質はお金中心に変わるのが一般的です。それはランディングページ制作も例外ではありません。「ランディングページ」と言っても、その品質や効果はピンキリです。

そこで、価格帯に応じた利用目的をまとめました。

10万円以下10万円~20万円20万円~50万円50万円以上
相場格安低価格平均価格高価格
利用目的・最初の一枚
・すぐ欲しい
・見やすさ
・すぐ欲しい
・デザイン性
・購入率の改善
・スマホ最適化
・ブランドイメージ
・購入率の改善
・オリジナル機能
打ち合わせなしなし/ありありあり
購入率中~高
デザイン性中~高
機能性
納期1~2週間2週間~1ヶ月1~2ヶ月1.5~3ヶ月

最初の一枚なら、10万円以下

インターネット広告で集客を始めるためには、ランディングページが必要です。しかし、制作期間に3ヶ月もかかってしまっては、膨大な機会損失になります。そんな時には、短納期でランディングページを作り、スピーディに広告からお客様を獲得するのが良いと思います。

さらに、最初の一枚を使っているうちに、閲覧データも集めることが可能です。1枚目の改善点を踏まえて2枚目を作ることで、より効果的なランディングページ作りに繋がります。

見やすさをプラス、10万円~20万円

格安LP会社の場合、デザインコストを減らしているケースが多いため「文字ばっかりで見にくい」という場合もあります。そうならない為に、低価格帯の制作会社を使ってみるのが良いでしょう。

15万円~20万円あたりになると、十分に見やすい本格的なLPを作れる会社が増えてきます。その分、納期が遅くなりますがコスパは高いと思います。

成約率を改善したいなら、20万円~50万円

制作会社の中には「お見積り無料」として、価格を公開していない会社がたくさんあります。発注者の要望に応じて価格が決まるためやむを得ない気もしますが、同じ作業をしても会社によって見積額は変わります。
そのため20万~50万と開きが大きいのですが、丁寧な打ち合わせ、細部へのこだわり、購入率の改善などの要望にもしっかり応えてくれる会社が多いです。

この価格帯になると、選べる制作会社も多い分、悪い会社を選んでしまう可能性もありますので、相見積をすると安心だと思います。

ブランド戦略を考えるなら、50万円以上

50万円以上のランディングページ制作になると、高い仕上がりが期待できます。また、100万円以上になると、認知拡大のためのWEBプロモーションまでを考えてランディングページ制作ができる会社もでてきます。

制作費用が変動するところ

なんとなく「目的、デザイン、機能」などいくつかの要素で価格が変わっていることを理解していただけたと思います。でも、価格が変わるポイントは、実はもっとあります。

企画立案

ターゲット像、訴求内容、ゴールなど、ランディングページ制作前の要件をまとめます。基本は対面でおこなうものですが、価格抑制のためにテレビ会議でおこなうケースもあります。

進行管理

制作管理、発注者への連絡~質疑応答などの進行管理(ディレクション)をおこないます。直接、各所のフリーランスに依頼する場合はディレクターが介在しませんが、いると圧倒的に助かる存在です。

文章作成

キャッチコピーを書くコピーライターや、文章を作成するコンテンツライターなど、ライターにも様々です。価格抑制のために、お客様ご自身で文章をご用意していただく場合もあります。

撮影

商品やスタッフなどの写真があれば、より説得力のあるランディングページになります。そのため撮影スタッフを完備している制作会社もあります。価格抑制のために、発注者が過去使った写真や、素材集などを使うケースもあります。

デザイン

企画に沿って作られた文章、写真を使って、WEBページの外観を作ります。情報量、スマホ用デザインの有無、修正回数などで制作費用が変わります。価格抑制のために、金額によってページの長さなどが決められていることがあります。

HTML&CSS

デザインしたランディングページが、ブラウザで見られるようにコード化(コーディング)します。パソコン用だけでなくスマホ用ページを作るなどで金額が変わります。

機能開発

お客様情報を入力するメールフォームが一般的ですが、アニメーション、動画、決済機能などサービスモデルによって変わります。価格抑制のために「メールフォームは別途料金」というケースもあります。

良いとこ取りの格安LP制作「ポチットナ」

安くてコストパフォーマンスに優れたランディングページ制作があったら、嬉しくありませんか?当サイトにてご紹介しているサービス「POCHITTONA(ポチットナ)」では、安く、早く、ソコソコ売れるランディングページをご提供しています。

  • 制作費:49,000円~
  • 長さ:10,000px以上
  • 企画・管理:0円
  • 文章校正:0円
  • スマホ対応:0円
  • フォーム設置:19,800円~
  • 制作期間:最短5日

なぜ格安で提供できるのかと言うと、成果が出るランディングページのノウハウをテンプレート化することで量産できるようにしているからなんです。

「なぜ、テンプレート化できたのか」
「テンプレートのランディングページで売れるのか」

その疑問をご説明していきます。

売れる構成は決まっている

「PASONAの法則」って聞いてことはありますか?日本でトップクラスのコンサルタントである神田昌典さんが提唱する、セールスライティングの形です。成約につなげる文章構成は、多くの事例ですでに形が決まっているのです。

それを裏付けするかのように、どの業界のランディングページを見ても、必ず下記のような情報が載っています。

  • お客様の悩み
  • 自社の実績
  • サービスの特徴
  • 得られる価値
  • 口コミ評判

「これを載せてさえいれば売れます」と言うつもりはありませんが、プランニングにお金を欠けなくても売れるLPを作ることは可能です。

セールス文章は「質問」で引き出す

文章のベースとなる情報は、発注者の頭の中にある「サービスの魅力」を伺うしかありません。しかし、入念なヒアリングを基に、キャッチコピーライターに形にしてもらっていては、予算はどんどん高騰します。

しかし、ヒアリングで伺う質問事項をお客様に文書でご回答いただくことで、ヒアリングしたかのような文章作成を可能にしました。

お客様から頂いた文章を編集させて頂いて、ランディングページに反映するので、文章作成のコストを大幅に圧縮することができています。

これまでに撮影した写真を効果的に使う

・事業運営者の写真
・商品(サービス)の写真

があると、会社に対する信用度が上がります。大切なのは魅力を伝えること。ランディングページ用に撮影しなくても、過去に撮影した写真で効果は十分です。

※当サービスでは写真撮影はおこなっておりません。

デザインパターンを複数準備

残念ながら「デザイン力=成約率」ではありません。サービスの魅力がしっかり伝わり「欲しい!」や「安い!」という期待に変化してこそ初めて成約につながるものです。

しかし、コンサルタント業のランディングページに、ラーメンの写真を載せてはランディングページは成立しません。男性には男性向け、女性には女性向け、そして業界によってデザインは変える必要があるのです。

オーダーメイドにすると価格が高騰してしまうので、デザインパターンを複数準備。色、写真、フォントをお客様のブランドにあわせたセミオーダー形式で格安化をしています。

【比べてください】格安ランディングページ制作会社

コストパフォーマンスの高いランディングページを発注できる会社は他にもあります。そこで、他社との比較

検索上位に出てくる福井県の制作会社、TONOSAMA

  • 制作費:80,000円~
  • 長さ:4,000px~
  • 企画・管理:0円
  • 文章校正:未詳
  • スマホ対応:20,000円~
  • フォーム設置:5項目無料
  • 制作期間:未詳

「8万円~」と、一般相場の半額程度。ただし「4000px」と短め。
通常、十分なランディングページを作ろうとすると、必要な長さは8000~10000pxくらいだと思います。

低価格だけどデザイン性に優れた、リューキデザイン

  • 制作費:39,800円~
  • 長さ:2,000px~
  • 企画・管理:制作費の20%
  • 文章校正:0円
  • スマホ対応:20,000円~
  • フォーム設置:30,000円~
  • 制作期間:最短4日

「39,800円~」とありましたが「2000px」とさらに短め。とはいえ、デザイン力は高いので「価格よりデザインを重視」の方にはおすすめです。

相見積もりサイトで探してみる

WEB幹事

  • 利用料:無料
  • LP制作対応:1,135社
  • 対応エリア:全国
  • 紹介数:2~3社

WEB業界に特化した相見積もりサイト。専門のコンサルタントが発注者にお話を伺って、最適な会社をご紹介してくれます。発注側がわざわざ探す必要もないので、手軽に制作会社を選ぶことができそうです。コンサルタントのご経験、紹介してくれる会社のレベルなど、疑問が残るところもいくつかあります。

アイミツ

  • 利用料:無料
  • 掲載数:259社
  • 対応エリア:全国
  • 紹介数:4社推奨

WEBだけではなく様々な業界の外注先を見つけることが可能。ランディングページ制作会社についても一括見積ができます。お問い合わせの後、担当者のヒアリングによってお見積りを用意していただけます。

クラウドソーシングで探してみる

格安でフリーランスに直接依頼ができる、ランサーズ

フリーランスに直接依頼ができるWEBサービスがクラウドソーシングです。数あるクラウドソーシングの中でも登録者数が多いのがランサーズ。ランディングページ制作依頼を投稿するだけで、多くのフリーランサーから様々な提案を頂くことができます。

※いずれも2019年8月現在の情報になります。

【ご注意ください】私はクラウドソーシングでこんな失敗をしました。

フリーランスに直接依頼をするため、相場よりも安く作れるのが魅力。しかし、私がクラウドソーシングでランディングページ制作を依頼した際には苦い経験もありました。

制作途中「細かいご要望にお答えできないので制作を辞めさせてほしい」というトラブルです。

ランディングページの仕上がりが遅れれば遅れるほど、機会損失につながります。この時「フリーランスに安く依頼するリスク」というものを体感しました。安いからと言ってお願いすると、かえって余計なトラブルを招くことになります。

関連記事

ページ上部へ戻る